大黒学会からのお知らせ

大黒学会は、大黒学という神学の一分野についての研究機関です。

大黒曼荼羅の授与を開始します

本日より弊会は、大黒教の信徒の皆様に対しまして、弊会に所属している筆耕が描いた大黒曼荼羅の授与を開始します。

大黒曼荼羅とは何か

大黒教では、自由意思を持つ存在者、または神の集合を、「神」(god)と呼んでいます。そして、神の集合を「複合神」(compound god)、集合ではない神を「原子神」(atomic god)と呼んでいます。

大黒教では、複合神の名前と、その複合神のすべての要素またはそれらの要素を代表する要素の名前が描かれている画像を、「曼荼羅」(mandala)と呼んでいます。曼荼羅がどのような機能を持つ画像なのかということについては、教義の上では何も定められていません。ですから、曼荼羅に対しては、大黒教の信徒の皆様が自由に機能を付与することができます。たとえば、願い事を複合神に伝えるための端末という機能を付与してもかまいませんし、災いを避けるための護符という機能を付与してもかまいません。

大黒教では、すべての原子神の集合を「大黒」(Daikoku)と呼んでいます。そして、大黒の要素を代表する、稲荷、釈迦、弁財天、基督、聖母、弥勒西王母、戎という八柱の神々を、「八軸神」(はちじくしん、Eight Axial Gods)と呼んでいます。

大黒教では、「大黒」という複合神の名前と八軸神の名前が描かれた曼荼羅を「大黒曼荼羅」(Daikoku mandala)と呼んでいます。

弊会による大黒曼荼羅の授与

大黒教においては、曼荼羅というのは誰でも自由に描くことができるものです。大黒曼荼羅についても同様です。ただし、曼荼羅に付与することができる機能の高さは、どの曼荼羅も同じというわけではありません。弊会に所属する筆耕が描いた大黒曼荼羅は、それ以外の大黒曼荼羅と比べて、より高い機能を付与することができると弊会は考えています。ですから、なるべく高い機能を付与することができる大黒曼荼羅がほしいという信徒の方には、大黒曼荼羅を自分で描くのではなく、大黒曼荼羅の授与を弊会からお受けになることをお薦めします。

大黒曼荼羅の授与を弊会に申し込む方法

大黒曼荼羅の授与を弊会からお受けになりたい方は、メールでそれを弊会に申し込んでください。メールには、必ず、「大黒曼荼羅の授与を申し込みます」と明記してください。また、大黒曼荼羅は郵便で送付させていただくことになりますので、送付先の住所と氏名も、必ずお書きください。

大黒曼荼羅の授与を弊会に申し込むメールの送付先は、soumu[半角単価記号]theologia.jpです([半角単価記号]は、半角の@に置き換えてください)。

個人情報の取り扱いについて

信徒の皆様が弊会にお送りくださったメールに含まれている、メールアドレスや住所や氏名などの個人情報は、弊会が適切に管理し、弊会からの問い合わせまたは大黒曼荼羅の郵送のみに使用し、第三者には決して提供いたしません。