大黒学会からのお知らせ

大黒学会は、大黒学という神学の一分野についての研究機関です。

「大黒書・第零版alpha05」を公開しました

大黒書」の第零版alpha05を公開しました。

前バージョン(第零版alpha04)からの変更点:

  • 第二節第一項を修正して、「原子神」(atomic god)の定義を「自由意志を持つ存在者」から「集合ではない神」に変更しました。

「大黒書・第零版alpha04」を公開しました

大黒書」の第零版alpha04を公開しました。

前バージョン(第零版alpha03)からの変更点:

  • 著者名を「大黒学」から「菜列堂」に変更しました。
  • 第一節第二項の内容を、「大黒」という言葉の由来についての記述から、大黒教の開発者についての記述に変更しました。
  • 第二節第一項に「原子神」と「複合神」の定義を追加しました。
  • 「自由意志を持つすべての存在者の集合」という第三節第一項の記述を、「すべての原子神の集合」に変更しました。
  • 八軸神について記述した第三節第三項を追加しました。
  • 第五節「曼荼羅」を追加しました。

八軸神の位置を求めるプログラムを書いてみました

大黒曼荼羅を描くときに、八軸神のそれぞれを描くべき位置を求めるPythonのプログラムを書いてみました。

import sys
from math import *

def daikoku(radius, lettersize):
    eight = ['稲荷', '釈迦', '弁財天', '基督', 
             '聖母', '弥勒', '西王母', '戎']
    pi4 = pi / 4
    theta = pi / 8 * 3
    for i in range(8):
        god = eight[i]
        x = cos(theta) * radius - lettersize / 2
        y = sin(theta) * radius - lettersize * len(god) / 2
        signx = '' if x >= 0 else '-'
        signy = '' if y >= 0 else '-'
        sx = (signx + str(int(abs(x))) + '.' + 
             str(int(abs(x)*10%10)))
        sy = (signy + str(int(abs(y))) + '.' + 
             str(int(abs(y)*10%10)))
        print(god + ': ' + sx + ', ' + sy)
        theta -= pi4

if len(sys.argv) == 3:
    radius = float(sys.argv[1])
    lettersize = float(sys.argv[2])
    daikoku(radius, lettersize)
else:
    print('Usage: python daikoku.py radius lettersize')

このプログラムは、コマンドライン引数の1個目として八軸神が形成する正八角形に外接する円の半径を、2個目として八軸神の文字の大きさ(正方形の一辺の長さ)を受け取って、円の中心を原点とする座標系で、八軸神の左下の位置の座標を出力します。

たとえば、円の半径として100、文字の大きさとして10を渡して、このプログラムを実行すると、次のようなものを出力します。

稲荷: 33.2, 82.3
釈迦: 87.3, 28.2
弁財天: 87.3, -53.2
基督: 33.2, -102.3
聖母: -43.2, -102.3
弥勒: -97.3, -48.2
西王母: -97.3, 23.2
戎: -43.2, 87.3

「大黒書・第零版alpha03」を公開しました

大黒書」の第零版alpha03を公開しました。

前バージョン(第零版alpha02)からの主要な変更点:

  • 第一節第一項を修正して、「大黒教」の正式な読み方を「だいこっきょう」から「だいこくきょう」に変更しました。
  • 第一節第三項を削除しました。
  • 第二節第三項を削除しました。
  • 第二節第二項を二項に分割して後半を第三項としました。
  • 第三節第二項を削除しました。
  • 第三節第二項(前バージョンの第三項)を修正して、摩訶迦羅(Mahakala)と大国主オオクニヌシ)は人格化された大黒の象徴であるとしました。
  • 第四節第三項を修正して、事象が生起する原因として「物理的な必然性」を追加しました。

「大黒書・第零版alpha02」を公開しました

大黒書」の第零版alpha02を公開しました。

今回の改訂は、この経典の管理が一神教学会から大黒学会へ移管され、インターネット上の位置が移転したことに付随するものです。今回の改訂では、内容についての変更点は、まったくありません。

初めまして、大黒学会と申します

お初にお目にかかります。はてなブログを始めることになりました、大黒学会と申します。

私たち*1は、今年の今月の12日(木)に発足したばかりの、出来立てホヤホヤの機関です。

私たちが何をする機関かと言うと、大黒教という宗教の信徒の皆さんに、大黒曼荼羅というものを授与する機関です。

Twitterもやってますので、こちらのブログともども、よろしくお願い申し上げます。

公式サイトも、いずれは建設しようと予定しておりまして、すでに建設予定地は確保してあります。どうぞご期待ください。

*1:機関なので一人称を複数にしていますが、現状では、構成員は会長兼筆耕の人間が一人いるだけです。